【1年を振り返る】前年比1.5倍の年間売上高を記録。第6期振り返りと次期への展望。

PUBLISH DATE //

こんにちは!Leo Sophia広報室の永山です。

LeoSophiaは、2020年8月31日をもって6期目を終了しました。

年間売上高は47億となり、更なる飛躍を遂げた第6期。

どのような1年だったのか時系列で振り返っていくと共に、7期~への展望をお伝えします。

永山葉月

この記事の執筆者

広報部

永山葉月

【第6期全体統括】

6期は、7期に向けた基盤固め・強化を予定していましたが、最終的には前年比1.5倍となる年間売上高47億円を達成しました。(グループ全体)

既存事業で売上が堅調に推移したことに加え、新規事業も想定より早く結果が出たことが大きく上振れて着地した要因です。

広告領域では、既存チャネルから脱却して、新しいチャネルに挑戦。1から知見や情報を収集し試行錯誤の日々でしたが、見事に好転する結果となりました。
なかでも、プロモーション事業では昨年度から粗利が約5倍増の功績をおさめ、急成長を遂げました。

DtoC領域では助走から一転、2日間で売上が1億を超えるブランドが誕生するなど大躍進を遂げ、Leo Sophiaの新しい事業基盤が誕生しました。

現在自社開発した商品は60商品、加えて開発中が16商品となっています。
全国展開している有名ストア225店舗に卸が決まっているブランドもあり、更なる飛躍が期待できそうです。

前期までにスタートした事業は全て黒字化を達成しており、第六期ではグループ全体でおおよそ15億円ほどの利益となりました。

現在社員・アルバイト数は総勢120名となりましたが、事業成長のスピードに合わせて採用計画は継続中。
引き続き増員していく予定です。

【第6期振り返り】

第6期を時系列に沿ってハイライト形式でご紹介します。

■2019年10月 新規事業立案コンテスト始動

社内公募制の新規事業立案コンテスト『Next Challenge』を始動しました。

コンセプトは【会社として、LeoGroupの一員として、1つ先のチャレンジを楽しむ】こと。
代表 内木場の「全社員・アルバイトの皆に新規事業創出のきっかけと挑戦できる場を設けて、事業立案の面白さを味わってほしい」という想いから本コンテストが実現しました。

優勝チームには賞金100万円と、事業化した場合に最大1億円が会社から投資されます。
昨年度の優勝チームは、時期が不相応で事業化実現は叶わずでしたが、本年度も収益性・実現性が高い事業立案を軸にコンテストを開催します。

ー昨年度のコンテスト内容、優勝チームはコチラをご覧ください。

新規事業立案コンテスト ネクストチャレンジの様子

■2020年1月 アライアンスの考えに基づいた人事論導入

社員と会社が「互恵関係」で結ばれるアライアンスの考えに基づいた人事論を導入しました。

Leo Sophiaが目指しているのは「プロスポーツチームのような組織」。
社員と会社が相互信頼と相互投資、互恵関係がある状態、すなわち互いが価値を高め合えるフラットな関係を目指しています。

導入して1年も経っていないですが、先日行ったアンケートでは、

・アライアンスを導入したことで目標が明確になり、行動がしやすくなった
・将来のやりたいことを上長に伝えたところ、それを実現できるような仕事を任せてもらえるようになったので、正直に話せる場があって良かった
・前職では「会社内でのキャリア」の擦り合わせを行っていたが、LeoSophiaでは「人生におけるキャリア」として摺り合わせ、自身の可能性を最大限に考えながら仕事と向き合える

などの意見が社員からあがりました。

一方で、「定めている目標に近づけているか分からない」「目標が程遠く感じる」などの意見もあり、目標と実務が上手くリンクしていないケースも見受けられました。

まだ完璧に機能しているとは言い切れず課題点を改善しながら運用する必要はありますが、本人事論と正面から向き合いっていく所存です。
今後もLeo Sophiaではアライアンスを通じて生涯続く信頼関係を築いていきます。

ーアライアンスについて詳しくはコチラをご覧ください。

■2020年3月 事業投資開始

2つの企業へ事業投資を行いました。

出資の軸は、"事業モデル+人"。
事業モデルに魅力があるかどうかは前提としてみますが、それ以上にその人の事業に懸ける想いやポテンシャル、挑戦心に重点を置いて出資しています。

今後もLeo Sophiaでは領域問わず、事業投資を積極的に行っていく予定です。

ー会員制フィットネスラウンジへ出資事例はコチラ

ー外食向けITソリューション企業へ出資事例はコチラ

■2020年5月 最高執行責任者、COO就任

最高執行責任者、COOにの南平剛志(前プロモーション事業部 事業部長)が就任しました。

南平は今後、Leo Sophiaグループの全事業(7事業部)を統括。実務における最高責任者となります。

現段階ではLeo Sophiaグループ全体のマネジメント陣は2名体制ですが、今後も会社規模に応じて増員していく予定です。

ー南平の就任挨拶はコチラをご覧ください。

■2020年8月 価値観行動指針リニューアル

Leo Sophiaをより勝ち続ける組織にすべく、昨年定めた価値観・行動指針をリニューアルしました。

新たに”宣言(Declaration)”として「社員こそ宝である」と明文化。
『人=社員』にフォーカスし、成長できる環境作りへの投資や社員と真摯に誠実に向き合う姿勢、アライアンス関係構築に全力で取り組むことを宣言しています。

価値観の項目は、会社が大事にしている考えを社員一人ひとりに浸透しやすいように設計し直しました。

Leo Sophiaでは創業時から価値観を戦略上最も大切にしなければならないものとして考えており、Leo Sophiaで働く上で最重要の指針と置いています。

ーLeo Sophiaの価値観はコチラをご覧ください。

Leo Sophiaの価値観本

■2020年8月 オフィス増床

組織拡大に伴い、LeoSophiaのオフィスをワンフロア増床しました。

Leo Sophia増床オフィスエントランス

オフィスコンセプトは『波紋』。
”波紋が輪を描きながら広がるように、LeoSophiaも今後益々の発展と広がりを遂げていく”という想いが込められています。

開発した商品を並べられる棚があったり、休憩時間に寛げるソファーを造作したり、プレゼンや映画鑑賞ができるプロジェクターを設置したり・・・
デザイン、内装、使いやすさ、全てにおいて拘り抜いたオフィスとなっています。

■2020年8月 第6期下半期のMVP表彰

LeoSophiaでは半期に1度、最も活躍した社員に対してMVPとして表彰しています。

今回のMVPはプロモーション事業部の鶴田かおりさん。

「プロとして目の前の仕事を自分で動かしてみたい!」と、業界もマーケティングも未経験から入社して僅か1年でMVPを獲得しました。ー鶴田さんが新入社員の時に書いたブログはコチラをご覧ください。

マーケティング用語や分析の仕方も全く分からない状態から、事業部の未開拓領域に挑戦した彼女。
半年間は赤字しか出ず苦しい時期を過ごしました。

それでも日々競合調査や情報収集を欠かさず行い、試行錯誤を繰り返しながら最速でPDCAを回し続けました。

その結果、王道パターンを見出し売上が一気に加速。
打ち手の数で競合に勝てるようスピードを徹底し、個人で粗利7,700万を叩き出しました。

「他事業部でも急成長を遂げているなか受賞できたことへの驚きや喜びを噛みしめ、より高い目標を目指して頑張りたい」と、次期への意気込みをあらわにしてくれました。

【第7期~にむけた戦略】

第7期では広告・DtoC領域共に既存の収益基盤強化と積極的に新たなチャネル開拓を行い、年間売上高70億を目指します。

ヘルステック領域では3年以内に5クリニックの開設に携わることを目標に、事業戦略を策定しています。

Leo Sophia全体では今後も領域を問わない事業開発に挑戦し、加えて積極的にM&Aを行うことで幅広く事業展開していきます。

これからも誰もが超えたくなるような「企業」であり「人」であり続けることを目指して、精進してまいります。

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。


LeoSophiaでは現在、変化を楽しみ一緒に高め合える仲間を募集中です!

Wantedlyにて募集職種を随時更新しています。

▶公開している求人媒体、コーポレートサイトからもエントリー可能です!

ENTRY NOW