フロントエンドエンジニア募集開始のお知らせ

PUBLISH DATE //

※この記事は、採用向けに株式会社Leo Sophiaのクリエイティブチームを知って頂くために記載したものです。

こんにちは!株式会社Leo Sophiaクリエイティブチームの齋藤です。

私達クリエイティブチームは、「事業会社である」株式会社Leo Sophiaにて、今年の2月に立ち上がった「社内の制作開発専門チーム」です。

この記事では「レオソフィアのクリエイティブチーム」に関する情報を、詳しくお届けします。


  • クリエイティブチームのご紹介
    クリエイティブチームの動き方やメンバーについて
  • 具体的な業務内容について
    特徴や具体例から伝えたいこと
  • クリエイティブチームを立ち上げた理由
    クリエイティブチーム発足のきっかけ
  • クリエイティブチームが目指す姿
    クリエイティブチームが力を入れていること
  • クリエイティブチームのこれから
    新しいメンバーに求めること

クリエイティブチームのご紹介

クリエイティブチームは、今年の2月に私(フロントエンドエンジニア)ともう1名のデザイナー計2名で立ち上げた、Leo Sophia社内の制作開発専門チームです。

私達は、Leo Sophiaグループのデザイン業務・コーディング業務など、各事業部・各グループ会社を横断した制作開発を担当しています。

イメージ図

このように、Leo Sophiaではグループを横断した動き方をすることが珍しく、クリエイティブチームの大きな特徴の一つです。

主な業務範囲とチーム構成

(現在のメンバー)

  • フロントエンドエンジニア1名
  • デザイナー3名(入社予定のスタッフ含む)

現在の所属は、合計4名、全員20代後半〜30代前半の年齢です。
メンバーの中には業種未経験者や、前職ではDTPデザインのみを担当し、Leo Sophiaで初めてWEBデザインに触れるといったデザイナーもいます。

そんな私達クリエイティブチームでは、現在、5人目のメンバーとして、フロントエンドエンジニアを募っています。

具体的な業務内容について

クリエイティブチームは、Leo Sophiaグループの制作開発を手掛けています。

(エンジニア)

  • Web制作開発
  • テクニカルディレクション

(デザイナー)

  • Web・DTPデザイン
  • アートディレクション

主に、コーディング・デザインをメインに、一部業務ではディレクションも担っています。
「自社・グループ会社の案件」のみを手掛けることが特徴です。

どの案件も「ディレクターと近い距離」で手掛けており、「ちょっとしたことをサッと聞ける」環境で、風通しの良い仲間から、クリエイティブの依頼や相談を受けています。

制作開発の実務だけでなく、エンジニアやデザイナーがディレクションを担ったり、外部のパートナーさんへのアウトソーシングを担うことも多いです。

この記事を読んでくださっている方のために、私(フロントエンド)がディレクションと一部のコーディングを担当し、デザインとメインのコーディングを外部のパートナーさんに依頼した案件を、軽く紹介します。


具体例

グループ会社のコーポレートサイトリニューアル案件
  1. 【弊社】相談
    「コーポレートサイトをリニューアルしたい」という相談を受けました。
  2. 【弊社】ヒアリング〜要求整理
    目的、目標設計等、どういうサイトにしたいのか、ヒアリングを行います。
  3. 【弊社】要件定義〜ワイヤー作成
    ヒアリング内容を元に、要件定義書を作成し、ワイヤーを立てます。
  4. 【弊社】社内プレゼン
    企画をプレゼン。OKをもらえたら、いよいよ制作フェーズ。
  5. 【弊社】発注
    今回は要件に近いデザインを実現するために、外部のパートナーさんに制作を依頼することを選択。予算調整の商談も含め、発注まで進めます。
  6. 【パートナーさん】デザイン制作・メインのコーディング
    技術者目線で「目指したい!」と思えるパートナーさんに、 デザイン制作・コーディングを進めていただきます。
  7. 【弊社】納品ソースのCMS化
    納品いただいた成果物を崩さぬよう、CMSへの組み込みや、テキストの流し込みを弊社で行います。
  8. 【弊社】本番化
    本番化。素敵なコーポレートサイトを公開することができました。

具体例から伝えたいこと

弊社は、「ここまでは自分でやる」「ここからは発注する」といった線引きを、上流工程からジョインして、企画・提案できる環境です。わたしたちクリエイティブチームは、エンジニアやデザイナーでありつつ、同時に、ディレクションも任せてもらえています。

クリエイティブチームは、思ったことをしっかりと言語化し、明確な理由と計画性をもって、チーム力を武器に、Leo Sophiaの制作開発案件に様々な関わり方をしています。

クリエイティブチームを立ち上げた理由

「会社全体が頼れる制作・開発に特化したチームをつくりたい」

これが、クリエイティブチーム発足のきっかけでした。
私は、もともと、「インターネットメディア事業部」に、フロントエンドとして入社しました。
しかし、入社してからの1年間、Leo Sophiaグループは加速度的に大きく成長。
プロジェクトの数に比例し、クリエイティブタスクも倍近く増えたことで、他事業部からも制作周りの相談を受ける機会が増えてきました。

より会社全体に関わり、クリエイティブの質を高めたい。

この思いから、「会社全体が頼れる制作・開発に特化したチームをつくりたい」と、代表に思い切って相談したところ、すんなりと認めてくださり、私たち、クリエイティブチームが立ち上がる運びになりました。

クリエイティブチームが目指す姿

  1. 高いチームワーク
    常に、互いの業務を互いにフォローし合っていることを忘れず、互いを意識的に尊重できるチーム。
  2. 成果にこだわる
    プロとして、自分を選んでもらっていることへの感謝を忘れず、「事業の促進」や「あなたに任せてよかった」といった成果にこだわり動けるチーム。
  3. 縁の下の力持ち
    事業を支えつつ、日々の業務の中で「やりたいこと」を自発的に見つけ、着実な成長を積み重ねていけるチーム。

私達はLeoSophiaの価値観・行動指針をベースに、

「こういうチームになろう」

「こういうチームだったら働きたい」

「チームとしてどうあるべきか」

定期的に話し合ってより良いチームを作ることに力を入れています。

マネージャーの私を含め、全員が中途入社ということもあり、「技術者が働きやすいと思える職場を自分たちで作っていく」ことに力を入れています。

発足して間もないチームなので、まだまだ、つくること・決めることはたくさんありますが、「チームワーク」と「一緒につくりあげていく実感」を糧に、メンバーもチームも、もっともっとLeo Sophiaにとって必要とされる組織を目指し、技術者としての自信とやりがいをもって、日々の業務に臨んでいます。

クリエイティブチームのこれから

やるべきことをやり、技術職としてやりたいことを自発的にみつけ、業務を通じ会社と共に成長していく。

これがクリエイティブチームの目標です。

私達は、プロジェクトをローンチしたあとも、運用フェーズに関わり、各プロジェクトのマネージャーやディレクターと、共にプロジェクトを育てているような感覚をこれからも大切に、会社と共に1人の技術者として成長していきたいと思っています。

「インディーズ感を常に楽しめる人」大歓迎!

  • スポーツやバンドのようにチームワークを活かして働きたい
  • いろんな事業にジョインして、制作経験をがっつり身につけたい
  • 上流工程から、プロジェクトに立体的に関係できるようになりたい

私達クリエイティブチームでは、5人目のメンバーとして、こんな熱意をもった、チームを盛り上げてくれる、新しいメンバーを探しています。

上流工程からプロジェクトに根深く関わり、ただ、デザインを再現したりディレクターの指示を受けるだけではなく、より成果に繋がる動きやを考えて提案してもらうことができます。

一つのプロジェクトを、大きな枠から理解して、提案型の働き方が身につくと、技術職として次のステージへステップアップできるのではないでしょうか。

自分のアイデアを生かせる環境で、私達と一緒に、ベンチャー企業ならではのインディーズ感を、共に楽しんで頂ける新しいメンバーをお待ちしています!

※ご応募は

こちらからお願いします。

ENTRY NOW